llbean(エルエルビーン)フリースはダサい?USAブランドのアウターの古着やコーデをご紹介!

ダサいイメージがあるllbean(エルエルビーン)のフリースですが、実はコスパ最強のおしゃれでかわいいフリースであることを証明します!フリース被りしたくないメンズ必見です
読了時間:約2分

llbean(エルエルビーン)フリースはダサいって本当?

llbean(エルエルビーン)フリースをおすすめする理由①人と被りづらい

こんにちは!


この時期の悩みといえば、どのブランドのフリースを買えばよいかわからない
つい有名なブランドを選びがち。。。

パタゴニアやノースフェイスのフリースはとても有名で、機能性もデザイン性も申し分ないです。
しかし、他人と被りやすくて買うのを渋ってしまうことって ありますよね。


llbean(エルエルビーン)というブランドをご存知でしょうか??
USA初のアウトドアブランドで、トートバックやブーツで有名です。


僕がアウターとしてllbean(エルエルビーン)のフリースを推す理由は、2つ!

まず1つ目は、「人と被りづらい」
先ほどもふれましたが、パタゴニアやノースフェイスのフリースはすごく被りやすい。

それだけ人気なブランドであることはとても良いことだと思いますし、人気なブランドを着たくなる気持ちもわかりますが、やっぱり人と被りたくないという思いも同時にあるのではないでしょうか?
僕もこの思いをもっている一人です。

llbeanのフリースは比較的年齢層が高い方に人気だと思います。
僕の友達でエルエルビーンのフリースを着ている人は見たことないですし、街なかでも大学生が着ているところをなかなか見かけません。


僕のイメージですが、llbean(エルエルビーン)はフリース界のラコステ
ラコステも年齢層の高い方に人気ですよね。
しかし今では、大学生など若い世代でもラコステのポロシャツやカーディガンなどを着る人が多くなってきているように感じます。

llbean(エルエルビーン)のフリースもラコステと同様にこれから人気になってくるのではないかと予測しています。
流行る前に先取りしていきましょう!

llbean(エルエルビーン)フリーをおすすめする理由②コスパ最強

2つ目は、「コスパ最強」。

パタゴニアのフリースは30,000円ほどしますが、llbeanのフリースはなんとその半分以下の15,000円からとなっています。


さらに機能性もデザイン性も引けを取りません。
防寒性はもちろんのこと通気性も高いので蒸れにくいのもありがたいですね。
スキーなどの冬のスポーツをするときって汗をたくさんかきやすいので、防寒性と通気性を兼ね備えてくれているのは心強いはず!


ケアの方法についてですが、洗濯機で洗濯できます。心配な方は、裏返しにしてチャックを閉めて洗濯機に入れることをおすすめします。ガンガンアウターとしてたくさん着ることができますね。

カラーバリエーションが豊富なので自分好みのフリースを探すのも楽しいです。


ユニクロのフリースは基本的に単色で種類豊富。パタゴニアやノースフェイスのフリースは複色で種類少なめ。
Llbeanフリースはちょうど真ん中あたりのポジションでしょうか。

良いとこ取りなUSAのアウトドアブランドについて古着やコーデからもっと見ていきましょう!

llbean(エルエルビーン)フリースの古着やコーデ紹介

Llbean(エルエルビーン)フリースの古着がかわいい

僕がllbean(エルエルビーン)フリースを知ったきっかけは古着なんです。


デザインがかわいくて漂うUSAのレトロ感に僕は惚れました。
当然ですが、値段も新品よりとてもかわいいので最高です。
古着ならではの味が出ているところも好きなポイントです。

llbean(エルエルビーン)フリースは古着から挑戦することをおすすめします。

llbean(エルエルビーン)のフリースの古着はこんな感じ!


カラーバリエーションも豊富かつ独特なデザインがかわいいです。


僕も古着でllbean(エルエルビーン)のフリースを持ってます。


非常に個性的でかわいいデザインに惹かれました。
クリスマスの夜はこれを着て過ごす予定です。

古着屋に行った際にはぜひチェックしてみてください!

Llbean(エルエルビーン)フリースをアウターに使ったおしゃれコーデ

ナチュラルカラーのllbean(エルエルビーン)フリースをアウターとして使ったコーデです

アルパカや羊のような色で適度なもこもこ感がかわいいですね!
わしゃわしゃしたくなります。

カップルでお揃いコーデにもいいですね!
llbean(エルエルビーン)のペアルックをしているカップルって珍しくてこだわりを感じます。

ぜひ実際にペアルックをされたときはこの記事にコメントくれると嬉しいです!

コーデ紹介に戻ると、黄色のチャックがアクセントになっているのも良いところ。
デザインはとてもシンプルですが、ちょっとしたアクセントがコーデに遊び心を加えてくれています。

ナチュラルカラーのフリースは薄い鮮やかな青色のデニムに合います
今回はゆったりとしたデニムですが、細めのデニムに合わせるとまた雰囲気が変わって良いかもしれません。

全体的にコーデがゆったりしているように感じますが、ブーツを履くことでコーデがゆるくなりすぎないようにしています。


パーカーの上に重ね着してもかわいいですね!


次はllbean(エルエルビーン)フリースの古着を使ったコーデ!


パタゴニアのスナップTに似たモデル!
正式名称は、セーター・フリース・プルオーバーです。

かぶりのフリースですね。
このコーデのようにアウターとして着ても良いですし、インナーとしてアウターの下に着れるので便利なモデルです。

今回もデニムと合わせていますね。
フリースの特徴としてコーデがゆるくなりがちなので、細めのデニムでコーデの引き締めは効果抜群です。

コンバースなどのシンプルなスニーカーに合わせるのも王道ですが、かわいいこなれたコーデにしてくれます。


こちらの古着も同じように着こなせますが、黒のスラックスと合わせるとシックに決まってかっこいいコーデになります。

llbean(エルエルビーン)フリースを着てUSAを感じよう!

洗濯できるllbean(エルエルビーン)フリースを着てUSAブランドの良さを感じよう!

Llbean(エルエルビーン)フリースはいかがでしたか?
USA発のアウトドアブランドならではの良さをぜひ感じてほしいです。
アウターとして一着持っていると大変便利に着こなせます。

デザインがシンプルなものが多いので飽きて着なくなってしまうという心配も少ないかなと思います。


今回の記事のまとめ
・llbeanフリースは被りにくく、コスパ最高
・まずは古着から挑戦
・デニムと合わせるのがおすすめ



それではまた!

NEXT:コスパ抜群のコートはこちら!

フランス軍のステンカラーコートはコスパ抜群!ミリタリーの凄い機能性を実感できる

19/11/08

RELATED
関連記事

アスレジャー

アウトドアデートに何を着ていく?女子目線で選んだメンズにしてほしい服装を紹介|登山スタイルから公園コーデまで!

アウトドアデートのメンズ服装って?どんなファッションをするべき? アウトドアイベントでもデートの服装には手を抜かないで! 次の週末は彼女と一緒にアウトドアデート。 公園を一緒にお散歩したり、ピクニックをしたり、ちょっと遠…

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

ライフハック

【ファッションセンス磨き方|メンズ】おしゃれになりたい!おしゃれ初心者の僕がセンスを磨くには?成長日記①

服は好きだけど、ファッションっていまいちわからない。 今日はファッションに対してのイメージが変わるような記事にできたらいいなと思います。 ファッションセンスの磨き方について、具体的なステップを実体験と混ぜて、この成長日記…

NEW POST
このライターの最新記事

ストリート

ラガー(ラグビー)シャツの魅力とは?|ポロシャツとの違いやバーバリアン・カンタベリー等メンズブランドも紹介!

ラガー(ラグビー)シャツとポロシャツの違いとは? ラガー(ラグビー)シャツとポロシャツの違いとは?魅力①ボタン ラガー(ラグビー)シャツとポロシャツとの違いって意外と知らないですよね? 知ってるようで知らないけど、人には…

アスレジャー

【レトロXコーデ メンズ】パタゴニアのフリースやベストはサイズ感を意識するだけでおしゃれに着こなせる?

【レトロXコーデ メンズ】パタゴニアのフリースを使ったコーデとは? レトロXコーデ①パタゴニアのフリースにはパーカーを合わせよう !サイズ感は大きめで! こんにちは! フリースが欠かせない時期になってきました。 部屋着と…

アスレジャー

あなただけのオリジナルなノースフェイスを作ろう(カスタマイズできる)!渋谷パルコのノースラボ体験レポート

オリジナルノースフェイスとは??ノースをカスタマイズできるってほんと?? ノースフェイスは他人と被りまくり こんにちは! 本格的に寒くなってきて、ノースフェイスのバルトロやフリースを着る人をよく見かけるようになってきまし…

ライフハック

【紫色に合う(相性が良い)色 メンズ】緑、オレンジ、ベージュのトップスやパンツを使ったパープルコーデをご紹介!

【紫色(パープル)に合う(相性が良い)色 メンズ】①緑 【紫に合う色 メンズ】緑のアウターとの相性が抜群 こんにちは! 前回僕はメンズ紫(パープル)コーデの記事を書かせていただきましたが、紫と黒の2色を中心としたコーデで…