ヴィンテージとは|どんな服がヴィンテージ?意味や古着との違い

読了時間:約1分

WRITER

SHALE初期メンバー唯一の女性ライター。 女性の目線からメンズファッションについて記事を書いています。 古着、音楽、本、マイメロディが好きです。よろしくお願いします。

ヴィンテージとは

ヴィンテージとは、古くて価値のある年代物のアイテムのことを指します。

「ヴィンテージ」とは、もともとワインの価値を表す言葉でしたが、
「特定の年に作られた良いもの」という意味で、
ファッションにおいてもこの言葉が使われるようになりました。

その服がヴィンテージと呼ばれるには、
だいたい30年以上の年月が経過した価値ある品物であることが必要で、
さらに保存状態が良好であることも求められます。



じゃあ、長い年月さえ経っていて、なおかつ良い状態ならば、
ユニクロやしまむらの服でもヴィンテージになるの?!
と思う人もいるかもしれません。

ですが、答えはNOです。


では、次からは、「古着」でも何がヴィンテージで何がそうでないのかをみていきましょう。

ヴィンテージと中古品は違う

古着屋さんに行くと、
ヴィンテージ以外にも「used(ユーズド)」「デッドストック」
などの用語を耳にしたことがありませんか。

これらは、どれも古着として混同されがちですが、実はきちんと違いがあります。


まず、「used(ユーズド)」とは、
単純に誰かが一度でも袖を通したことのある中古品、すなわち古着のことです。


使用済みの服ならばなんでも中古品の古着になるため、
その服が作られてから長い年月が経っていなくともユーズドとして扱われますし、
品質や価値が問われることもありません。

なので、ユニクロやしまむらの服でも、一度着たものならば「used(ユーズド)」になるわけです。

ヴィンテージの特徴

それに対してヴィンテージは、
「誰かが一度でも袖を通したことがあるもの」という意味では古着の一種ということになりますが、
ユーズドとは違って、ヴィンテージと呼ぶには30年以上の長い年月の経過とそれなりの価値が求められます。

とはいっても、「それなりの価値」とはなんとも曖昧ですが、
具体的にどういうことなのでしょうか。


それはたとえば、良いものを長く使えるように手間をかけて作られたものだといえます。

そのような手間をかけて作られる品物は、生産数が少なかったり一点ものであったりするため、とても希少です。


つまり、ヴィンテージは、大量に安いものを作るファストファッションとは正反対に位置付けられるものだということができます。


なので、先ほどの「長い年月さえ経っていてなおかつ良い状態ならばユニクロやしまむらの服でもヴィンテージになるのか」、という問いの答えは、
「ならない」です。


これで、古着の中でもユーズドとヴィンテージの違いはなんとなくお分かりいただけたのではないかと思います。

ヴィンテージに限らない古着の種類

残るは「デッドストック」についてですが、
これは古着として扱われていても新品であるという点で、少し性質が違います。

「デッドストック」とは、古い年代に作られた服が新品の状態のまま残っていることです。



未使用の品物のため、古着というイメージはあまりわかないかもしれませんが、
古着として古着屋さんではよく扱われています。




では最後に、以上のことをまとめます。

ヴィンテージ…30年以上の年月が経過した、保存状態の良い価値ある品物

ユーズド(古着)…年月や価値に関係なく、誰かが一度でも着たことのある中古品

デッドストック…古い年代に作られた新品

です!


こうして見てみると、古着でも違いがあり、
中でもヴィンテージは価値が高く特別感があることがわかりました。

ぜひ古着屋さんで服を買ったりするときの参考にしてみてください!



NEXT:ヴィンテージアイテムを取り扱うおすすめの古着屋さんはこちら!

エンジニアコートとは何か?|ワーク系のアイテムながら様々な着こなしができる!便利なコートが欲しいあなたへ魅力を伝えます

19/05/14

【Root(ルート)原宿古着屋】洗練されたアイテムが揃う原宿の古着屋さん「Root」

19/05/03




RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事