JMウェストン(J.M.Weston)の名作「180シグニチャーローファー」の魅力に迫る!|気になる価格や色展開も紹介

JMウェストン(J.M.Weston)「180シグニチャーローファー」の魅力を解説。フランスの高級靴ブランドとして名を馳せるJMウェストンのローファーの美しく洗練されたデザインや優れた機能性の秘密を探ります。気になる価格や色展開も紹介。
読了時間:約2分

WRITER

SHALE初期メンバー唯一の女性ライター。 女性の目線からメンズファッションについて記事を書いています。 古着、音楽、本、マイメロディが好きです。 女子からみた「おしゃれ男子」の条件をお見逃しなく。

JMウェストン(J.M.Weston)の「180シグニチャーローファー」とは?

フランス高級靴ブランド「JMウェストン(ジェイエムウェストン)」が生んだ高級ローファー


みなさん、こんにちは!

ローファーというと、学生靴のイメージが強いという方がもしかしたら多いかもしれません。

しかし、今回紹介するJMウェストンのローファーは、そんな学生靴のイメージとはかけ離れた大人のための本格派。

JMウェストン(J.M.Weston)不朽の名作、「180シグニチャーローファー」の魅力をお届けしていきます。



JMウェストン(ジェイエムウェストン)は、1891年にフランスで創業された老舗の靴ブランドです。

美しいく洗練されたデザイン優れた機能性を持ち合わせた高品質な靴が特徴で、JMウェストンは高級靴ブランドとして名を馳せています。

JMウェストン(J.M.Weston)「180シグニチャーローファー」の価格・色展開


JMウェストンの靴の中でも今回紹介するのは、「180シグニチャーローファー」



非常にシンプルながらもとてもエレガントで、履き心地にも優れたハイクオリティな一品。

店舗や通販サイトによっても違いますが、気になる価格はなんと108000円程度。

非常に高額ですが、一生履くことのできるその品質を考えれば、納得の価格設定なのではないかと思います。


180シグニチャーローファーの色展開は、

・黒
・タンブラウン
・バーガンディ
・ダークブラウン
・ネイビーブルー


の5色。

服との合わせやすさを重視するなら、よりカジュアルな雰囲気を好む方にはダークブラウンが個人的にはおすすめです。


JMウェストン(J.M.Weston)ローファーの美しいルックス

JMウェストン「180シグニチャーローファー」は古くから変わらない究極のベーシック


JMウェストン「180シグニチャーローファー」の魅力はまず、その美しいルックス。

200以上のモデルを経て完成されたシンプルなボディには無駄がなく、ローファーの素材の良さが引き立ちます。



180シグニチャーローファーは、発売以来変わらぬ木型で作り続けられている名作。

70年以上も前からのデザインにも関わらず決して古くさく感じないのは、JMウェストンのローファーが高い品質を守り続ける究極のベーシックだからなのではないでしょうか。

JMウェストンローファーには最高品質のレザーを使用


JMウェストン180シグニチャーローファーの美しいルックスのさらなる秘密は、ハイクオリティーなレザーや、丁寧で繊細な縫い目などのディテールにあります。



アッパーレザーは、フランスの名門タンナー「デュプイ社」のレザーを使用。

デュプイ社のレザーは、エルメスなどの高級ブランド御用達になっており、その品質はお墨付きです。

きめ細かく柔らかい風合いの光沢にはついほれぼれしてしまいます。



ローファーの縫い目は非常に丁寧。

こうした細かい部分の繊細さに、ブランドの風格が現れます。

JMウェストン(J.M.Weston)ローファーは最高の履き心地

JMウェストンローファーは横幅のサイズまで選べる


JMウェストン180シグニチャーローファーのもう一つの大きな魅力は、その履き心地です。

他の靴と比べてサイズ展開がかなり細かく、自分の足にぴったりなものを選ぶことができます。



普通は5mmずつのサイズ展開ですが、ジェイエムウェストンでは4mmごと

さらには、横幅のサイズを6種類もの中から選ぶことができます。

「縦のサイズはぴったりだけど、横幅がちょっとキツい、、、」などといった悩みも解決です。

細かいサイズ展開から自分にぴったりの一足を見つけることができるので、オーダーメイドのようなフィット感ある履き心地を体感できます。

JMウェストンローファーの製法へのこだわり


JMウェストン180シグニチャーローファーの素晴らしい履き心地の秘密は、細かなサイズ展開による足へのフィット感に加えて、製法やソールへのこだわりにもあります。

JMウェストンのローファーは、グッドイヤーウェルト製法を採用。

グッドイヤーウェルト式とは、靴底と本体を間接的に縫い付けて固定する製法です。

多くの部品と手間がかかる分、たいへん丈夫でしなやかな靴が出来上がります。



この製法で作られた靴は履き始めがとても固いですが、時間をかけて慣らしていくと、中底の下に敷かれたコルクの沈み具合や、柔らかくなった革が足にとても心地よくなってきます。

このグッドイヤーウェルト製法ならではの足なじみの良さに、幅広いサイズ展開によるフィット感が上乗せされ、履き込んだときに最高の履き心地を得ることができるのです。

JMウェストン(J.M.Weston)「180シグニチャーローファー」まとめ


さて、ここまでJMウェストン(J.M.Weston)の「180シグニチャーローファー」の魅力を紹介してきましたが、いかがでしたか?

ジェイエムウェストンのローファーは、価格は高いものの、非常に美しいルックスと最高の履き心地を兼ね備えた靴。

一生モノの靴として、あなたもJMウェストンのローファーをお迎えしてみませんか?


NEXT:他の革靴とも比較してみませんか?あなたにおすすめの記事はこちら!

【革靴おすすめ】こだわりの1足に出会える?メンズブランドやアイテムを一挙ご紹介!カジュアルでもフォーマルでも美しく決まる革靴はこちら

19/05/15

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事