デニムの常識を変えたブランド「ヤコブコーエン(jacob cohen)」の魅力とおすすめジーンズを徹底解説

読了時間:約2分

WRITER

一年前、5万円のデニムを買ってファッションに目覚めました。 163センチでガチムチでも、色んなスタイルに挑戦できることを証明します!

ヤコブコーエン(jacob cohen)|世界一おしゃれにこだわったデニムとは?

ヤコブコーエン(jacob cohen)はデニムの常識を変えるブランド

デニム業界の風雲児をついにSHALEで紹介します。

この記事を読んだらあなたが持っている5万円が次の瞬間
ジーンズに変わっていることでしょう。

今日紹介するデニムブランドはズバリ
「ヤコブコーエン(jacob cohen)」です。



日本ではあまり展開していないブランドなので、
聞きなれない名前だと思います。


ジーンズのリベットの生みの親であるJacob Davisのファーストネームからブランドネームを作ったと言われています


ヤコブコーエン(jacob cohen)の何がすごいのか?
このブランドはデニムの常識をひっくり返したのです。


デニムとは元来、作業着として着られてきました。
ビジネスの場には似合わないワークウェアでした。


しかし、ヤコブコーエン(jacob cohen)は
「高級スーツを着る人の普段着」をコンセプトとして

高級仕立てのジャケットに合うデニム
通称“テーラードジーンズ”を作り上げたのです。

見てくださいこのきれいな色とシルエットを!!



スーツに使われる
クセ取り用のアイロンをデニムに使うことで
きれいなシルエットとフォルムを実現しているのです!



オーダースーツのような特別感のある、

正に
テーラードジーンズです。

ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムを日本で買うには?

僕はデニムが大好きで、
友人からよくおすすめのデニムブランドを聞かれるのですが
ヤコブコーエン(jacob cohen)を知っている友人に出会ったことはないです。

それだけ、ヤコブコーエン(jacob cohen)は
あまり知られていないブランドなのですが、
日本の店舗も最近になって増えてきました。


百貨店を除くと
六本木ミッドタウンとGINZA SIXに店舗があります。


また、意外かも知れませんが
木更津の三井アウトレットパークにも出店しています。


アウトレットの店舗とGINZA SIXの店舗には行ったことがあるのですが、
入りにくい雰囲気がムンムン漂っています。


しかし、ここを逃せば日本でヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムを手に入れるチャンスはないので、
おしゃれにキメて入ることをおすすめします。


試着するときにテーラードジーンズの素晴らしさを体感して欲しいので、
テーラードジャケットを着ていった方がいいかと思います!

ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムの魅力を紹介

ヤコブコーエン(jacob cohen)で一番おすすめしたいデニム(j622)を紹介

僕が持っているヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムで一番おすすめなのがj622というモデルです。

使用感とディテールのかっこいいところまで紹介していきたいと思います。


スリムなシルエットでテーパードがかかっています。
無駄なシワが入らず、きれいめファッションにもってこいです。


また、ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムは
自分の最適な長さに裾直しすることが前提とされているので、
裾が長めに作られています。


裾直し用の専用の糸も付いてきます。
さすがテーラードジーンズ!!


リベットや付属品もかっこいい!
わざわざイタリアンジュエリーから発注をしています。
質の良さは一目瞭然!



ステッチも可愛い。
見えないところに

「Go to bed with a dream Wake up with a purpose」夢と共に眠りにつき、目的と共に目覚めよ。

という刺繍が。おしゃれすぎる。

ほかにもポケット裏やパッチもこだわりたくさん!



また、モデルごとに一番合ったデザインのスカーフがついてきます。
このデニムのスカーフはこちら!



本当にテーラードジーンズのこだわりすごいでしょ?
メンズはこういうこだわり大好きですよね!

ヤコブコーエン(jacob cohen)デニムに詰め込まれた見えないこだわり

ごめんなさい!もう1つだけこだわりを紹介させてください!


ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムは
香りまでもデザインされています。


工場の生産段階で「パチョリ」というハーブのフレグランスを浸み込ませることで香りブランディングを行なっているのです。


パチョリは虫除けに効果があり、
その昔中国から中東へ絹を運んだ
シルクロードの人たちが、
乾燥させたパチョリの葉をシルク生地と
一緒に入れて運んだそうです。

だから西欧の人にはパチョリ=高級品のイメージがあるのです。


ヤコブコーエンのデニムに使われるフレグランスは非売品で、
リミテッドエディションと呼ばれる限定品にだけ小さいフレグランスが付いてきます。



希少なオンリーワンの香りを楽しむことができるのも
ヤコブコーエン(jacob cohen)デニムの魅力です。

ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムのおすすめモデル

ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムを買いたいと思った皆さんにおすすめのモデルを紹介します。

① J688


ヤコブコーエン(jacob cohen)定番の細身ストレートデニム。
浅すぎず深すぎない絶妙な丈の股上と膝下から裾に向かって少しテーパードした、
美脚シルエットがきれい。
いわゆる日本人体系のメンズはこのモデルがおすすめ!
これに白シャツと茶色の革靴でもうおしゃれ!

② J622


688モデルをさらに1.5cm股上を浅くしたのが622モデル。
より細身を追及してイタリア人風に着こなしたい人はこちらがいいと思います。

僕が持っているのもこのデニムですね。

おしゃれなヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムは人気沸騰中?

ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムと白シャツでサマになる!

まだまだ
若いメンズには人気とは言えないヤコブコーエン(jacob cohen)ですが、
僕は絶対に一人一本は持っておいた方がいいと思います。


冗談抜きで白シャツとテーラードジーンズを合わせるだけでサマになるからです。

低身長の僕でもかっこいい感じにキマります。


また少し寒くなってきたときには
テーラードジャケットを上から羽織れば
イタリア伊達男の完成です。


また、細かいディテールのかっこよさが所有欲を刺激します。
ブランドが有名すぎないというところも良いですよね。

・持ってるだけでニヤける
・着て気が引き締まる
・デニムなのにどんなシーンにも使える


言うことがありません。
正にベストデニム!

流行を先取りしたいメンズへ!ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムは今買うべき!

ヤコブコーエン(jacob cohen)は今
徐々にその知名度を上げてきています。

パッチやスカーフが被らないからこそ
ヤコブコーエン(jacob cohen)のデニムの格好よさは際立つのかなと思います。

みんなが買いだす前に、
お気に入りのステッチ・パッチ・スカーフのジーンズを手に入れておきましょう。

おすすめのメンズデニム特集は他のライターも書いてますが、
ちょっとこれは一番良い提案をした自信があります笑


テーラードジーンズ買っちゃいましょう!

ヤコブコーエン(jacob cohen)について気になったこと知りたいこと合ったらコメントください!待ってます!

NEXT:正統派デニムを期待していた方はこちら!

DENHAM(デンハム)の生デニムがかっこいい!シルエットや製造方法のこだわりがすごい最高のジーンズ

19/05/01

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事