コンバースチャックテイラー (CT70)おしゃれなあなたが買うべき三つの理由とは?【オールスター】

おしゃれなあなた。通常のコンバースで満足していませんか。センスのある人に履いてほしい、コンバースのチャックテイラーをご紹介。見た目、質、そして歴史。どれをとっても最高のスニーカーをぜひご検討ください。
読了時間:約2分

WRITER

SHALEは、あなたのファッションにより多くの選択肢を与えます。 僕はファッションも人生も、リラックスした雰囲気が好き。 あなたの人生を、少しずつ気楽に身軽にしたいと考えています。

スニーカーの圧倒的定番であるコンバースオールスター。
流行り廃りのないローテクスニーカーの王様ですね。
一日一度は街で見かけるほどです。

そんな大人気のコンバースオールスターですが、
チャックテイラー(CT70)というスペシャルなモデルがあることはご存知でしょうか。

オシャレ好きな皆さんには、
コンバースオールスターの中でも特にチャックテイラーを履いてほしい。
今回はチャックテイラーのおすすめポイントをご紹介します。

コンバースのチャックテイラーがなぜおすすめなのか。
カンタンにまとめるとこの三点です。
・見た目の迫力
・質の高さ
・歴史の深さ

日本で売られる通常のコンバースと比べて、どこが違ってどこがいいのか
是非ご覧ください!

コンバース以外の、スニーカーおすすめ記事はこちら

【メンズハイテクスニーカーコーデ】もうダサいって言わせない!スタイル別ハイテクスニーカーコーデ

19/05/21

【コンバース】チャックテイラーの見た目に注目!【オールスター】

コンバースのチャックテイラーは、通常のコンバースオールスターと比べて、見た目、そして靴としての質が高いです。
まずは、見た目(形)の違いについてお話しましょう。

【コンバース】チャックテイラー(CT70)はキレと重厚感を合わせ持つ【オールスター】

日本のコンバース(CINVERSEジャパン)と比べて、チャックテイラーはよりシャープで迫力があります。


例えば、日本製のコンバースオールスターと比べると、
・外周のラインが大きく、トゥの部分が細いこと
・トゥ部分が若干反り返っていること
・ソールの厚さ

この3点。
シャープさ、そして重厚感が増すことで、足元に存在感が出ます。

ソールの厚さもそうですが、コンバースのチャックテイラーは非常に質が高いです。

【コンバース】チャックテイラー(CT70)の質の高さとは【オールスター】

なぜ日本製のコンバースと比べて、アメリカ製のコンバース(CT70)は質が高いのでしょうか。
それはコンバースのオールスターがそもそもバスケシューズとして作られたからです。
チャックテイラーにはそれを反映したディテールがいくつもあります。
代表的なのは、先ほども言ったソール部分。


クッション性の高いインソール
そして厚みのある頑丈なアウトソールが使用されています。
右がチャックテイラー、左が日本製のオールスターです。

ソールの厚さが一目瞭然!
日本製のオールスターと比べて、チャックテイラーは5mmほど厚いです(実測値)。

そしてバスケシューズらしく、
親指と小指部分には、補強パッチがついています。

どーん。

左右に激しく動くことを想定して補強されているんです。
これがついていると、なんだか見た目も引き締まっていいですね。

クッション性のあるソール、そして頑丈な補強で、履いた時の快適さはローテクシューズでも最高峰でしょう。
ディズニーランドに履いていっても足が痛くなることはないはずです。

【コンバース】チャックテイラーのディテールについて【オールスター】

コンバースのチャックテイラーの歴史や成り立ちについてお話しする前に、
チャックテイラーのディテールへのこだわりをご覧ください。

【コンバース】チャックテイラーのヒールパッチに注目【オールスター】

チャックテイラーは、ヒールパッチが特徴的。
現行品は、白いパッチにALL STARと書いてあります。


チャックテイラーは、黒いパッチにchuck taylorの文字です。
ちなみにこちらはチャックテイラーの中でも最高級な、ct70です。

これが最高級品の証。
白いソールに白いパッチよりも、、、、
白いソールに黒いパッチですよね。まちがいない。
コントラストで映えること間違いなし。
ヒールパッチは基本的にあまり見られませんが、いざって時に自分で確認したら悦に入れます。
俺はいま最高級品を履いているのだと。


【コンバース】チャックテイラーはシューレースが違う【オールスター】

チャックテイラーは、シューレースが違う。
その通り。
コットン100%で



コットン100のシューレースは重みがあり高級感を醸します。また、コットン特有のしなやかさで、少しくたびれるのでビンテージ感もでます。

CONVERSEジャパンのオールスターは、アクリルで軽い。
見た目も質感も少し安っぽいです。

【コンバース】チャックテイラーはどうやって生まれたのか【オールスター】

冒頭でお話したように、コンバースのチャックテイラー(CT70)は、1920年に完成してから、そのデザインを変えたことはありません。
100年近くデザインを変えないスニーカーです。
それほどの名作が、いったいどのように生まれたのか気になりませんか?

コンバースの創業から、チャックテイラーの誕生までお話しします!!


ちなみに歴史あるスニーカーといえばこちらの記事もおすすめ

【ジャーマントレーナー購入レポ】ドイツ軍用名作スニーカーでミニマルにキマるGerman Trainer。僕の考えるスニーカーベストアンサー。

19/05/04

【コンバース】創業からバスケシューズ製造まで【オールスター】

コンバース社のそもそもの始まりは、ワーキングシューズ。
悪天候の中で仕事ができるように、ラバーシューズを作り始めたのが始まりです。
当時は革製の靴が一般的だったので、ラバーシューズの機能性の高さやに人々は注目し、コンバース社は売り上げを伸ばしました。

ワーキングシューズで成功したコンバースが次に目をつけたのが、
バスケットボールのシューズ。
新しいスポーツだったバスケに目をつけ、専用のシューズの製造をしました。
そうしてできたのが、現在まで製造されているオールスターであり、チャックテイラーです。

デザインは販売開始の1910年とほとんど変化がありません。
100年もデザインが変わらず愛されているスニーカーです。

【コンバース】チャックテイラーって誰なの【オールスター】

チャックテイラーとは、人の名前です。

バスケットボール創世記のスタープレイヤーである、チャールズ・H・テイラー。彼の名前です。
チャールズ・H・テイラーはオールスターの品質やデザイン性にほれ込み愛用し、さらに推奨者として多くの人に勧めた上、アドバイザーとして改良の助言も行いました。
そんな彼の功績を認め、彼の名前がシューズの名称として使われるようになったんです。

現代で言うと、エアジョーダンがまさのその例です。

コンバース社は彼の貢献に大いに感謝し、50年以上たった今でもチャックテイラー氏の名前を用いてスニーカーを販売しているのです。

さて、今回はコンバースの最高傑作、チャックテイラー(CT70)についてお話しました。
ローテクスニーカーが欲しいという方、ぜひチャックテイラーを!

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事