最強の白靴下?RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)|アメリカ製厚手でコスパも良!

消耗品の白靴下。どうせならアメリカ製の厚手ソックスを選びませんか?コスパも最高なRAILROAD SOCK(レイルロードソックス)を購入したので本音レビュー!
読了時間:約1分

WRITER

かっこいいものが好きです。見た目も考え方も。ストリートなものが好きだけど、いつもシンプルなコーデしがちです。あとblackpinkが好きです。(170cm54kg)

こんにちはレオです。
今回は、新しく購入した「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」の白靴下が最高すぎたので、皆さんにシェアハピしたいと思います!

【RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)】どんな靴下?

鉄道作業員の為に作られた靴下「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」

「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」は、1901年にアメリカのミズリー州で生まれたブランド。


創業当初は、ブランドの名の通り、鉄道員のための作業用靴下を生産していました。
100年以上経った今でもこだわりのアメリカ製を続けており、厚手感・コスパの良さなどからたくさんのアメリカ人から支持を得ている歴史の深いソックスです。

タオル感を感じるパイルの裏地がレイルロードソックスの特徴

「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」の特徴は、裏地がパイル地になっていること。

パイル地がピンとこない方は、一般的なタオルをイメージしてください。

レイルロードソックスのパイルには、触り心地の良いメリノウールが混ざっているらしいです。
このパイルの裏地が、絶妙な履き心地を生み出します。


と、説明はここまでにして、実際に僕がこの靴下を履いてみて、感じたことをレビューしていきたいと思います!

【RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)】靴下レビュー!

アメリカ製らしい厚手な生地なのでブーツにも使える靴下

「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」を履き始めてまず感じたことは、シューズを選ばないということ。


僕はずっとユニクロや無印の白・黒靴下を履いていたのですが、薄めの生地なのでどうしても綺麗目に寄ってしまう。
薄い靴下には、ブーツなんて以ての外。

しかし、レイルロードソックスの白靴下は、アメリカ製特有の厚手な生地でありながらドレッシーな質感なので、ブーツに限らず、どんな靴にも合わせられます。

革靴にも、



スニーカーにも、



ブーツにも。


強くも弱くもない締め付け感が白靴下界NO.1の快適さ

個人的に「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」の1番気に入っているポイントが、ベストなキツさです。


正直、好みが分かれる部分であるとは思いますが、レイルロードソックスは締め付けがそこまで強くないので、皮膚に跡が残りません。

ただ、履いていてすぐにズレてくるような感じはないので、靴下としての最低基準の締め付けは残っています。

レイルロードソックスは1パック6足2,000円の高コスパ!

白靴下は結局消耗品だからコスパ次第。

どんなに良くても、そこまでお金をかけたくないというのが本音だと思います。
そんな問題もレイルロードソックスなら心配無し。

レイルロードソックスは、1パック6足入りで約2,000円です。
ユニクロや無印が3足で1,000円なので、ほぼ同じ。
同価格帯で、アメリカ製の厚手ソックスを入手できます。
気軽に買い換えられるコスパの良さなので、チャレンジしやすいですね。

黒も欲しくなった!

僕が「RAILROAD SOCK(レイルロードソックス)」の白ソックスを履いてみた結果。

黒も買いました。

白黒以外にも、グレーやネイビーの靴下があるので気になる方は調べてみてください。
いきなり6足は渋い…という方は、3足バージョンも売っているのでそちらから試してみましょう!


NEXT:靴下って奥深い!

プレゼントにもおすすめSOLOSOCKSのメンズ柄靴下とは?片方無くしても困らないおしゃれソックス

19/12/12

最旬ストリートは靴下で魅せる?ハイソックスのブランドやソックスインなどの履きこなし法を紹介

19/11/12

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事