【メンズレトロファッション】ヴィンテージのジャケットを使った可愛くておしゃれなコーデを作るコツを紹介

読了時間:約2分

WRITER

KPOPが好き。 韓国系とストリート系を融合したようなスタイルを紹介していきます。

【メンズレトロファッション】ネイビーのジャケットを使ってヴィンテージライクなコーデに挑戦

【メンズレトロファッション】夏本番前のジャケットコーデ

こんにちは、来夢です!

最近暑くなってきましたが、
夜はまだ少し肌寒さが残る今日この頃。

今回は、
ちょっと涼しい時にさっと羽織って様になる、
ジャケットを使ったレトロファッションを彷彿とさせるコーデ
を紹介したいと思います。

【メンズレトロファッション】モダンとレトロの雰囲気をミックス

今回の僕のコーデはこちら!


ジャケット:GUCCIヴィンテージ 7000円(イタリアの古着屋で買いまし た!)
Tシャツ:MARNI 7000円
バッグ:TRUSSATDI 母のおさがり
ズボン:Napa by Martine Rose 2万円
靴:BALENCIAGA 10万円(成人祝い)
ピアス:DEVASTEE
右手のリング:DEVASTEE
左手のドクロのリング:ブランド不明 (親の婚約指輪)
ジャケットの襟につけたピンバッジ:CHANELのピアスをピンバッジのようにアレンジしたもの



題して、「待ち合わせはヴェネチアの階段で」コーデです!笑

シャツやジャケットはイタリア旅行中に購入したもので、
レトロイタリアンな空気を存分に纏ったファッションに仕上げています。


鮮やかなカラーのTシャツやボトムス、
さらにバレンシアガのスニーカー「トリプルS」を取り入れることで
モードな雰囲気を出しつつも、
ジャケットやバッグでヴィンテージのレトロ感をプラスしました。

全体的に、「超現代っ子だけど、一昔前のレトロな雰囲気に憧れている」感じを全身で表現しています!



次からは、それぞれのアイテムを紹介しつつ、
レトロファッションのポイントについて解説していきます。

【メンズレトロファッション】ネイビージャケットのこだわりは?

【メンズレトロファッション】現地の古着屋さんでお得に買い物

まずはジャケット。


こちらはGUCCI(グッチ)のものなのですが、
なんと、約7千円で購入しました!

原価に比べてなんでこんなに安いかっていうと、
それは、イタリアに旅行中に現地の古着屋さんで買ったからです。

日本ではあんなにも高価なものなのに、現地でしかも古着だと
こんなにもお得に買い物できるんですね。


みなさんも、もし旅行に行ったら現地の古着屋さんを調べて
訪ねてみるのをおすすめします。

ヴィンテージのジャケットは独特な雰囲気があってレトロファッションを作るのにもってこいです。
ハイブランドは素材の質がいいのか、古着でもグッドコンディションをキープしてくれてます!

【メンズレトロファッション】ネイビージャケットで全体が引き締まる

コーデ全体においてこのネイビーのジャケットは、

・引き締め効果

・レトロ感をプラスする


役割を果たしています。


発色の良い赤のTシャツや緑のボトムスは
ちょっと派手でうるさくなりがちですが、
シックなネイビーのジャケットをプラスすることで、
全体がビシッと引き締まります。


さらに、シューズを黒ベースのものにすることで
ジャケットと共に引き締め効果が高まり、まとまりの良いコーデに。

全身レトロだとただの懐古厨になってしまうと思ったので、最新のトレンドであるバレンシアガのダッドスニーカーをミックス!

ネオレトロファッションとでも言ったところでしょうか笑

【メンズレトロファッション】ヴィンテージライクな雰囲気をプラス

このジャケットは、肩の部分が結構しっかりとゴツい作りをしてます。



肩パット入りのジャケットなど、一昔前を彷彿とさせるデザインですね。

この肩部分の張ったデザインや、
ジャケットそのものがヴィンテージであることが、
レトロな雰囲気が醸し出しています。


ジャケットでレトロな雰囲気をプラスしたのは良いですが、
色鮮やかで若々しいアイテムで揃えた中、
ジャケットだけが違ったテイストだと少し浮いて見えてしまいます。

なので、バッグもシックなヴィンテージのものにして
ジャケットと雰囲気を合わせ、まとまりを意識したファッションにしました!



【メンズレトロファッション】コーデ全体のポイントは?

【メンズレトロファッション】TシャツはXLサイズ

中に着ているTシャツの全体はこんな感じ。


一輪の花の柄が個性的です。


こちらのTシャツも、イタリア旅行中に購入しました。

その時はちょうどXLのサイズのものしか売っていなかったので
買うかどうか迷いましたが、
今では逆にその大きいサイズで良かったな〜と思っています。


なぜならオーバーサイズが可愛いですし、
このTシャツをジャケットと合わせると、
ジャケットの丈が長く見えずにすむからです!

このジャケットも少し大きめではあるのですが、
Tシャツがさらにビッグサイズなためジャケットよりも裾が長く、
相対的に見てジャケットがほぼジャストサイズに見える効果があります。

ジャケットは大きめでだらしなくならずに
わりとビシッと着たいので、このXLのTシャツと合わせるとちょうど良いです!


サイズを調節したい時は、
このように視覚的な効果を狙ったテクニックがおすすめです。



現代でもおしゃれに映るレトロファッションを作るときは、現代のトレンドを組み込むことが重要です。
今流行りはビッグシルエットなので、レトロすぎずにおしゃれ感を演出できます。

【メンズレトロファッション】ボトムスはNOT黒スキニー

ボトムスには、グリーンのゆるめのパンツをチョイスしました!


このようなコーデにはつい黒スキニーを合わせたくなりがちですが、
それだとばちばちにモードなきつすぎる印象になってしまいます。

なので、色は黒ではなくグリーンで雰囲気を軽くしました。

深緑はレトロ感ある色だと個人的に思っています。
くすんだ黄色とか、深緑とか、原色を少し暗くした色をコーデに組み込むことでレトロファッションが完成します!

デニムを合わせてみても、キメ過ぎないラフな感じになって良さそう!





バレンシアガのスニーカー「トリプスS」にあえてスキニーパンツを合わせていないのもポイントです。



このスニーカーにはスキニーを合わせている人が本当に多いですが、
このようなダッドシューズは、
太めのボトムスと合わせてこそ真価を発揮する
と僕は思います。


このトリプルSは、
かかと部分が後ろの方まで広がっているところが特徴的なので、
ゆるくダボっとしたボトムスからスニーカーがのぞき見えるのがいい感じです。

【メンズレトロファッション】アクセサリーにも凝ってます

最後はアクセサリーについて。

ピアスとリングは「DEVASTEE」というフランスのブランドのものです。


ニコニコ顔がついていてかわいい!




左手にはめている方のリングは、両親の結婚指輪だったものなんです。


新しいものを買ったようなので、こちらは僕が譲り受けました。
結婚指輪にドクロとは、なかなかパンチがありますね。




ジャケットの襟につけているのはシャネルのピンバッジ!



かと思いきや、
こちらは元々ピアスだったもの。

片方無くしてしまったピアスをピンバッジのようにアレンジしました!






以上が、僕のメンズレトロファッションでした!
レトロとモードの融合を感じとってもらえましたでしょうか?


暑い日でも大丈夫な半袖のコーデを紹介していくので、そちらもまた見てくださいね!




NEXT:僕の夏の半袖コーデはこちら!

【ハーフパンツメンズコーデ】半ズボンを着こなして快適おしゃれな夏を過ごそう

19/07/16



RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事