男性用メガネのおすすめブランドは?おしゃれで人気の眼鏡の選び方を徹底解説

男性なら誰しもが一度は憧れるメガネ。かっこいいのを見つけるのって以外に一苦労あったりしますよね。 おしゃれだけど人気すぎてみんなとかぶったり、メンズファッションに合わなかったりと色々と気にすることが多い眼鏡ですが、この記事でスタイルとおすすめのブランドを知ればもう怖いもの無しに!
読了時間:約2分

WRITER

はまだ(はまたンぺ)です。年は21、好きなものはヤドンとかき氷、嫌いなものは寒天です。趣味はギャルごっこ、集めているものは古道具、最近はじめたことは、ファッションライターです。初心を忘れずがんばるぞ。

目が悪くっても、目が悪くなくってもきになるメガネブランド。
かっこいい眼鏡をかけて、いつものカジュアルな服じゃない大人っぽさを演出してみないか?
難しい選び方を形ごとに解説し、国内外から厳選した3つのブランドをご紹介。
俺らが夢見たかっこいい大人に近づいてみようぜ。

男性用メガネはこう選べ!スタイル別解説!

男性メガネのおすすめフレームスタイル|ボストン

男性用に限らず、メガネにはたくさんのフレームのスタイルがあり選び方も様々。


ブランドを問わず素材や形によってたくさんの名前がつけられており
金属を使ったメタルフレーム



現在ではプラスティックが使われていますが、かつてセルロイドを使っていたことから名前がついたセルフレーム


そのどちらもを合わせて使っているコンビネーションフレーム
その他ハーフリムリムレスなど様々です。

その中にさらに細かく形によっても名前がつけられています。世の中の人たちから眼鏡を重要なものと思われてきた証拠ですね!

いくつもおしゃれな形があるのですが、まず1つ目にご紹介する形はボストン


アメリカ・ボストンで流行したことからその名前がつきました。
おにぎりの形を逆にしたような三角形で、かけると知的でクラシカルな印象を与えてくれます。

ボストンはその佇まいから若い世代の男性を中心に人気を博しており、様々なメンズブランドから発売されているのでこだわりを持って選ばないとなかなかいいものに巡り会えません。

男性に人気のおしゃれメンズメガネ|ラウンド

続いて男性におすすめしたいメガネフレームスタイルは、ラウンドです。


ラウンド、つまり丸眼鏡のこと。

丸メガネだなんだいうと、ドラえもんなんていうアニメののび太くんだとか、日曜日によくやっているサザエさんっていうアニメの中島ってキャラだとか色々おしゃれじゃないイメージが先行してしまいがちですが、そんなラウンドタイプのメガネ、うまくファッションに取り入れればかなりカッコよくスタイリッシュに決まります。

ラウンドのメガネ特有の個性的な感じや、周りを寄せ付けないようなオーラを生かして洋服の選び方を変えていけばかなりおすすめのスタイルです。

男性らしいメガネファッションを楽しみたい|ウェリントン

最後にご紹介する形はウェリントンです。


ウェリントンは丸みを帯びた四角形で、逆台形のような形。

どんなシーンでも使いやすいことから、メガネの流行の火付け役になった人気スタイルとも評されています。
四角い形は男性で顔が比較的大きい方でも、スタイリッシュにファッションをまとめてくれるので顔かたちをあまり選ばないのもおすすめのポイントです。

ウェリントンであれば、セルフレームのような太い縁のあるアイテムではなく、メタルフレームのような細縁の眼鏡をおすすめします!縁の太さによって野暮ったさが全く変わってきます。このように選び方も様々!

男性用メガネのおすすめブランドとは?インポートから国産の上質なブランドまで

イギリス男性用メガネの老舗ブランド|CUBITTSの眼鏡

さて続いては、わたくしはまたンペがおすすめする好感度メンズメガネブランドをご紹介します!
まず1つ目は、ロンドンの革新的な男性眼鏡ブランド「CUBITTS」です。


CUBITTSは建築家のルイスキュービットに影響を受けた、トムブロートンが創業したブランドです。

建築という新たな視点からメガネをデザインしているだけでなく、ハイエンド志向のメガネというジャンルにおいて、CUBITTSは製品企画から小売りまで自社で全て完結することで、美しいデザインでありながら価格を抑え、多くの人々の気軽に購入出来るシステムを構築した点こそが革新的でした。
おしゃれでケアもしっかりしているのにコスパがいいなんて最高もいいところ!


黒の縁という括りなのにここまで遊び心があるのはさすが。(2万円前後)


男性がクリアフレームってのも最高にイカしてます。

男性たちの最高の相棒に|Buddy Opticalのメガネ

さて、お次はメガネ先進国?なここ日本からのブランド「Buddy Optical」をおすすめ。


メガネが気心の知れた仲間や、相棒の様な存在である事(=バディ!)。そしてライフスタイルの中に自然とあるワードローブの様な存在である事をモチーフにデザイナーである池原玄が手がけた男性向けメガネブランド。

そんなコンセプトもあって、馴染みやすくファッション的にもおしゃれな軽やかなメガネが特徴の同ブランド。


こちらの”p”collectionはクラシカルでいてどこか個性的。ぜひかけてみて新たなメガネの扉を開いてほしいです。(3万円前後)


もちろん人気の正統派だってお手の物。

いい男性用メガネの選び方はここにある|SPECTACULARS

さて最後にご紹介するのは、イギリス・日本ときたらアメリカのブランド「SPCTACULARS」


どういう意味かはさておき、こちらのブランドは今ではほとんど作られなくなった、完全アセテート製かつMADE IN USAにこだわったコテコテのアメリカンクラシックブランド。

デザイナーのWilliam Vetriという男性はアメリカのヴィンテージ眼鏡ショップで働いていた経験を活かし、かなり選び方にこだわった眼鏡を作っています。


こちらのウェリントン型のメガネはツートーンカラー。人気のクリアを使って古き良きデザインも現代に昇華させています。(¥31,200)


こちらは細身のボストンでメンズにおすすめの一品。

NEXT:眼鏡をミニマルファッションに合わせる

「crepuscule」(クレプスキュール)生活に溶け込む上質ニット|メンズにおすすめのニット専門ブランド

19/09/25

YAECA(ヤエカ)のメンズシャツやチノパンで叶えるワンランク上のベーシックコーデ

19/08/31

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事

モード

今日のファッションはおしゃれにディナーコーディネート|ホテルデートや高級レストランの服装にも!

今日はデートでディナー!でもコーディネートが決まってない?!
そんな時は遊び心満載のこんな服装をしてみて。
いつものデートや遊びが、高級レストランやホテルで遊んでいるかのようなラグジュアリー感でいっぱいに!
フォーマルの中におしゃれな要素をうまくミックスするならこの記事を読め!