【メンズシャツコーデ】2019年春の寺村のおすすめシャツコーデ総集編

読了時間:約1分

WRITER

ヨーロッパのヴィンテージが好きです。レイヤード(重ね着)の達人と呼ばれています。夏コーデが無い。 服を愛すことは日々を愛すこと。雰囲気がある服をお探しの方は僕の記事を見るべき!

【メンズシャツコーデ】ストライプシャツを使ったおすすめコーデのポイントは?

【メンズシャツコーデ】寺村おすすめのストライプシャツコーデを紹介

どうもー寺村です。
今回はメンズシャツコーデ特集!

1つのコーデの徹底解説というよりは、
2019年のお気に入りのシャツコーデを簡単に紹介していく記事です!

徹底解説が見たい方は、僕のライターページからよろしく願いします。


まず最初に紹介するのは、
ストライプシャツを使ったメンズコーデです!



ストライプシャツ:ラルフローレン 2000円
ジャケット:フレンチワーク 16000円
デニム:リーバイス501 2017年 12000円
靴:サービスシューズ US NAVY 90年代 12000円

徹底解説記事はこちらから

【フレンチワークスタイル】フランスの労働服を使ったおしゃれな着こなしでファッションを格上げ

19/04/18


ストライプシャツコーデなのに大胆に隠したコーデになります。
でも、ストライプシャツの柄が僕にとってはめちゃめちゃ大事なので、
解説させてください!

【メンズシャツコーデ】ストライプシャツを着こなす時のポイント

僕のコーデは青色を全アイテムに入れることで、
統一感を出しています。


中のシャツが、真っ白でも真っ青でも良い感じにキマリません。
白だと労働者感が強いし、
青だとインナーとジャケットの区別がつかないからです。


白地に青色のストライプシャツがインナーで入ることで、
おしゃれな統一感が生まれます。

このようにストライプシャツは、
コーデの中心色をストライプ柄と合わせることで、
上手く着こなすことができると思います。


写真の方も、中心色の茶色のストライプシャツをうまく着こなしていますね。


ストライプシャツを使うときは、
コーデの中心色をよく考えると良いですね。


デニムや黒スキニーを持っている人は多いと思うので
青や黒のストライプシャツはおすすめです!

【メンズシャツコーデ】ノーカラーシャツを使ったおすすめコーデのポイントは?

【メンズシャツコーデ】寺村おすすめのノーカラーシャツを使ったコーデを紹介

次は襟がないシャツ
通称「ノーカラーシャツ」を使ったメンズコーデを紹介します。

アイテム紹介からしていきます。

シャツ:workers 12000円
ベスト:フランス軍 ヴィンテージ 4000円
チノパン:revival 90% products 23000円
サイドゴアブーツ:blundstone 25000円

徹底解説記事はこちらから



普通のシャツとは違い、独特な雰囲気を醸し出す
ノーカラーシャツが主役のコーデです。



サイズ感や、合わせるアイテムでおしゃれに仕上げていると思っているので、解説させてください!

【メンズシャツコーデ】ノーカラーシャツを着こなす時のポイント

ノーカラーシャツは一枚でもキマるディテールがあります。

特に僕が持っているノーカラーシャツは、
・尿素ボタン


・カフスが開くようにしてある



等のこだわりがあります!
独特の雰囲気を出せるノーカラーシャツはコーデで主役になれます


主役になるにはサイズ感も大切。


一枚でも様になるように大きめのサイズ感をセレクトしましょう。

Aラインシルエットは低身長メンズにおすすめです。
大きめなノーカラーシャツでAラインを作っておしゃれに見せましょう!

襟が無い以外にもこだわったディテールがあるシャツが欲しいなら、
workersというブランドは本当におすすめ。


昔の軍モノのクオリティを上げた商品を作るブランドなので、
一味違った服がたくさんあります!

【メンズシャツコーデ】ボタンダウンシャツを使ったおすすめコーデのポイントは?

【メンズシャツコーデ】寺村おすすめのボタンダウンシャツを使ったコーデを紹介

最後に、ボタンダウンシャツを使ったメンズコーデを紹介します!



シャツ:無印良品 3980円
デニム:リーバイス501 2017年 12000円
ブルゾン:barbour (bedale) 16000円
スカーフ:江ノ島のお土産 400円
靴:サービスシューズ US NAVY 90年代 12000円


ボタンダウンシャツは今日紹介したシャツの中では最も存在感がないシャツです。
ブランドも無印良品ですし、手抜きに思われても仕方ないですね笑


でも、存在感があるから良いというわけではありません。

ベーシックで存在感がないボタンダウンシャツだからこそ、
コーデで使いやすいポイントがある
ので紹介していきたいと思います。

【メンズシャツコーデ】ボタンダウンシャツを着こなす時のポイント

このコーデの主役はボタンダウンシャツではありません。
barbour(バブアー)のブルゾンが主役です。


このブルゾンはシルエットもゴツイし、襟も特殊で存在感の塊です。
インナーに最初に見せたストライプシャツを入れようものならば、
左遷されるに違いないでしょう。


バブアーの機嫌をとりつつ、上品な印象を崩さないのは
ボタンダウンシャツのおかげなのです。


バブアーについて詳しく知りたい方はこちらから!

バブアー(barbour)のオイルドジャケットの魅力を語り尽くす|人気モデルのビデイル(bedale)等の着こなしも紹介

19/04/09


また、
スカーフを使うなら、襟があってシンプルなボタンダウンの白シャツが一番いいです。
襟があって、前だけスカーフが見えている方がコーデにしやすいからです。


ボタンダウンシャツは一枚で主役になりませんが、

存在感の強いアウターと合わせたり、
スカーフを制御する役割で使ったりすることで、
メンズコーデで大活躍してくれること間違いなしです!



シャツは他にもたくさん種類があります。
他の形のシャツはどうやって使ったら良い?
みたいな質問お待ちしてまーす!

では!

RELATED
関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    RECOMMEND
    あなたにおすすめ

    NEW POST
    このライターの最新記事