【リーバイス大戦モデル】歴史上最高傑作と言われる501XXの魅力を紹介|ヴィンテージアイテム

読了時間:約2分

WRITER

ライターの津崎雄太です。デニムを愛しています。ヴィンテージデニムの世界に誘う妖精やってます。 好きな服着ようぜ!

【リーバイス大戦モデル】歴史上で最もかっこいいおすすめデニムとは?

【リーバイス大戦モデル】501xxは歴史上最高傑作と呼ばれるデニム

こんにちは。
デニムオタクの津崎です。

8本くらいデニム持っています。全部ヴィンテージです


少ないバイト代を全てヴィンテージデニムに費やす、
リーバイスに貢ぎ癖のある男です。


今日はそんな僕が、新しいジーンズを買いたあなたに
歴史上で最もかっこいいモデルを紹介しにやってきました。



どのジーンズを買えばいいか分からない。
迷えるメンズたちの試行錯誤に終止符を打ちます。


僕のベストジーンズはこちら!!!


その名も「リーバイス 大戦モデル501xx」です。


なんとこれは、
1944年の第二次世界大戦中のモデルを復刻したデニム。

一見普通のデニムですが、
細かいところにこの時代を表すポイントがたくさんあります。


このデニムを知ること、それはその時代を知ること。
服を着るだけの時代に終わりを告げる、
次の世界へ、ウェルカムトゥカルチャー!!!


あなたも大戦モデル501xxを着て
文化・歴史を身にまとう体験をしてみませんか?

【リーバイス大戦モデル】このデニムを買った店舗


先ほどさらっと言いましたが、
このデニムは
1944年の第二次世界大戦中のモデルを復刻したデニムです。


ガチなヴィンテージデニムではないのでみなさんも簡単に手を出せる品です。


当時に作られたモデルを買おうと思うと平気で50万円を超えてきます。
それほどまでにリーバイスというブランドの歴史は奥が深いのです。



復刻モデルなんてどこで買えるのか?

普通に新宿のリーバイスで買えます笑


新宿のリーバイスの3階には


代表的な501®シリーズをはじめ、過去の貴重なロットナンバーを忠実に再現して作られた復刻コレクションである、


リーバイス® ビンテージ クロージング(LEVI’S® VINTAGE CLOTHING)」がラインナップされています。


店内はこんな感じ。



リーバイス® テーラーショップなるものも併設されており、
裾直しや刺繍をして世界に一つだけのデニムを作ることができます。

デニムジャケットもあるので行ってみてください。


リーバイス好きにはたまりません。


1944年の大戦モデル501xxもここで買えます!

【リーバイスヴィンテージ】大戦モデル501xxとブランドの歴史を聞けば欲しくなる?

リーバイスファンにも人気な大戦モデル501xxが生まれたわけ

大戦モデルという名の通り、
このデニムは第二次世界大戦の時に生み出されました。


リーバイスは「リベット」と言って、
ポケットを補強する金具で特許雨を持っていました。


しかし、戦争が始まり
「アメリカ国のために節約しろよ!」
との政府命令より、軍需のために501の簡略化が強いられた
リーバイス。


股にあるボタンはリーバイスの刻印があるものから、安価なドーナツボタンへ。

1番上のボタンは軍服に使う月桂樹のボタンに。


そのほかにも多くの変更を余儀なくされました。
戦争こそが大戦モデル501xxが生まれた理由なのです。


リーバイスの歴史上、
最も時代背景を表したジーンズが大戦モデル501xxと言えるでしょう。


全てのメンズがグッとくるのではないでしょうか?

【リーバイスヴィンテージ】大戦モデル501xxは他のデニムと全然違う

尻のポケットのリベットもこの時代では、上から隠されています。


この「隠しリベット」なら補強しつつ節約している感も出るし、
特許を取っているリベットをアピールできます。



内側からこのリベットを発見したときの喜び、
一瞬驚き、頬はほころび、脳はほろ酔い。(yeah)
幼い頃に、ウォーリーを見つけたときのあの感覚。
錯覚じゃない歓楽。(韻を踏んでみました)


また、尻のポケットのカモメ型のステッチも無くなってしまうことになりました。


しかし、彼らは諦めない。
黄色のペイントを尻のポケットに施したのです。
カモメの線を縫うのではなく、ペイントで描いちゃえという発想。
感動。驚嘆。圧倒的思考転換。


だがそのペイントも洗ってしまえば無くなるという欠点がありました。
圧倒的その場しのぎが可愛い。


そんな細かいディテールが盛りだくさんの大戦モデル。
至極の一本と言えるでしょう!

大戦モデル501xxが欲しいあなたにアドバイス(リーバイスヴィンテージ)

【リーバイス大戦モデル】おしゃれに着こなすなら無骨にデニムオンデニムやネルシャツと

せっかくカッコいいジーンズを買ったのなら
おしゃれな着こなしがしたいですよね。

古き良きアメリカを全身に見にまとったコーデがおすすめです。


定番のデニムオンデニム!
スカーフをつけることでさらなるアメリカらしさを体現できます。
おしゃれというより無骨でかっこいい。
そんな男でいたい!


デニムジャケットもリーバイスのヴィンテージです。
このデニムジャケットについて語った記事はこちら!!

【メンズデニムオンデニムコーデ】|ジャケットもパンツも上下デニムのカッコいい着こなし

19/03/24



ネルシャツとも合いそうです。
写真は僕ではないのですが、かっこいいですよね。
リーバイスのブランドモデルやってそう!


大戦モデル501xxみたいな
ストーリーを感じられるジーンズを着るときは、

どっぷりとカルチャーに浸かった着こなしがおすすめです。

【リーバイス大戦モデル】ヴィンテージデニムの楽しみ方

ヴィンテージデニムは奥が深いです。
特にリーバイスの深さはやばいです。

奥が深いっていうチンケな言葉を使いたくないくらい
底なしです。


形や装飾だけで年代を判別できたり
価値が上がるデニムは知れば知るほど面白い。


「文化や歴史を着る」
そんな感覚にしてくれるのは
ヴィンテージデニムだけなのではないでしょうか?



また、ヴィンテージには同じ商品はありません。
絶対オンリーワン。


「自分だけの」という響きは全メンズが好きなのではないでしょうか?


本当にヴィンテージを楽しみたいなら
色々調べてから買うことをオススメします。


なぜこの価格なのか?どの年代なのか?
わかって買うのと分からないで買うのでは大違いです。


ヴィンテージデニムという底なし沼にどっぷり浸かりましょう。

大戦モデル501XXの本物を僕もいつか買いたいなと思っています。

ヴィンテージいいなと思った方は続いてヴィンテージ デニムジャケットの記事をご覧ください!

リーバイス70505がかっこいい|歴代最高のデニムジャケットの歴史と魅力を徹底解説

19/04/10

RELATED
関連記事

コメントを残す

RECOMMEND
あなたにおすすめ

NEW POST
このライターの最新記事